コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブソルバス花崗岩 サブソルバスかこうがんsubsolvus granite

岩石学辞典の解説

サブソルバス花崗岩

ボーエンとタトルが,Ab-Or-H2O系とAb-Or-SiO2-H2O系の相関係と,存在する長石相の種類を基礎にした分類.二種類のアルカリ長石を含む花崗岩で,カリ長石と斜長石の両方が含まれている.この区分はいずれにも花崗岩,閃長岩,ネフェリン閃長岩などが含くまれている.さらにサブソルバス花崗岩はアルカリ長石中のAb成分によって3種類に分けられる.(IIA)アルカリ長石中のAb成分が30重量%以上のもの,(IIB)アルカリ長石中のAb成分が30~15%にあるもの,(IIC)アルカリ長石中のAb成分が15%以下のもの,と分類される.(IIA)は高温でマグマ性であり,(IIC)は完全に低温で結晶化したか再結晶したもの,(IIB)は(IIA)と(IIC)の中間である.交代作用による岩石は(IIC)となると考えた[Tuttle & Bowen : 1958].これらの岩石がマグマ起源の経路を示すことが明瞭というわけではない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

サブソルバス花崗岩の関連キーワードボーエン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android