塩化クロム(読み)エンカクロム

デジタル大辞泉の解説

えんか‐クロム〔エンクワ‐〕【塩化クロム】

塩化クロム(Ⅱ)。白熱した金属クロムに塩化水素を通じて得られる無色の針状結晶。水に溶かして得られる六水和物は、青色の結晶。化学式CrCl2 塩化第一クロム。
塩化クロム(Ⅲ)。金属クロム塩素気流中で強熱して得られる赤紫色の結晶。水に不溶水酸化クロム(Ⅲ)を塩酸に溶かして得られる六水和物は、緑色の結晶。皮なめし・触媒媒染剤として使用。化学式CrCl3 塩化第二クロム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんかクロム【塩化クロム chromium chloride】

酸化数IIおよびIIIの化合物が普通に知られている。
[塩化クロム(II)]
 無水和物CrCl2のほかに各種水和物が知られている。無水和物は金属クロムに600~700℃で塩化水素を通じるか,塩化クロム(III)CrCl3に500~600℃で水素を通じると得られる無色の光沢ある針状結晶。融点815℃,比重2.88(14℃)。CrCl3の酸性溶液を亜鉛で還元した水溶液から,0℃で6水和物([Cr(H2O)6]Cl2,水に易溶の青色結晶),10℃で青色結晶の4水和物([Cr(H2O)4]Cl2とされる),50℃で暗緑色結晶の4水和物([CrCl2(H2O)4]とされる),さらに高温で3水和物(淡青色結晶),2水和物(青緑色結晶)が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化クロム
えんかくろむ
chromium chloride

クロムと塩素の化合物。クロムの酸化数+、+、+のものが知られているが、通常の条件では+のものが安定である。
(1)塩化クロム()CrCl2 無水の塩化クロム()を純水素気流中で赤熱すると無水塩が得られ、これは気体では二量体Cr2Cl4の分子になる。湿った空気中で容易に酸化され、還元剤として用いられることがある。
(2)塩化クロム()CrCl3 金属クロムを塩素気流中で赤熱すると無水和物が得られる。赤紫色の結晶で昇華性がある。ごく微量の塩化クロム()とともに水に溶かし、塩化水素を通じて氷冷すると六水和物CrCl36H2Oを得るが、これには3種の水和異性体がある。
  [Cr(H2O)6]Cl3 (ルクーラ塩:紫色)
  [CrCl(H2O)5]Cl2H2O (ビエルム塩:青緑色)
  [CrCl2(H2O)4]Cl2H2O (グブーザ塩:深緑色)
(3)塩化クロム()CrCl4 塩化クロム()と塩素とを600~700℃で反応させると得られるが、不安定である。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

塩化クロム
エンカクロム
chromium chloride

】塩化クロム(Ⅱ):CrCl2(122.90).二塩化クロムともいう.加熱した金属クロムと塩化水素の直接反応,または加熱した塩化クロム(Ⅲ)に水素を通じると無水物が得られる.無色の針状晶.融点824 ℃.水に易溶.水溶液からは六水和物,四水和物,三水和物,二水和物が得られる.無水物は乾燥した空気中では安定であるが,湿った空気中では容易に酸化される.強い還元剤である.クロムの冶金,有機反応の還元剤や触媒に用いられる.有毒.[CAS 10049-05-5]【】塩化クロム(Ⅲ):CrCl3(158.36).三塩化クロムともいう.加熱した金属クロムに塩素を通じるか,または炭素を混合した酸化クロム(Ⅲ)に塩素を通じると無水物が得られる.無水物は,赤紫色の結晶で,融点1150 ℃,1200 ℃ 以上では分解する.水に難溶.水和物は水酸化クロム(Ⅲ)を塩酸に溶かしたり,二クロム酸カリウムを濃塩酸で還元した水溶液などから得られる.水和物はいずれも水に易溶.有機反応の触媒,めっき,医薬品,顔料,媒染剤,皮なめし(クロムなめし)などに用いられる.有毒.[CAS 10025-73-7:CrCl3][CAS 10060-12-5:CrCl3・6H2O]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android