コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクアイオン あくあいおんaqua ion

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクアイオン
あくあいおん
aqua ion

水分子H2O(配位子名アクア)が金属イオンに一定の比で配位しているイオン。古くは水分子の配位子名をアコaquoとよんだのでアコイオンといった。水分子は多くの金属イオンに対して配位しやすく、金属塩が水に溶けているときはほとんどの場合アクア化(H2Oが他の配位子と置換して配位するか、無水塩がアクア錯塩(さくえん)となるときをいう)して、安定な錯イオン(イオンとして行動する錯体)となっていると考えられる。硫酸ニッケル()七水和物NiSO47H2Oとして知られているものは実は[Ni(H2O)6]2+のようなアクアイオンを含んでおり、同様に通常金属イオンといっているもの、たとえば亜鉛イオン、アルミニウムイオン、コバルト()イオンといっているものも、水中ではそれぞれ、[Zn(H2O)4]2+,[Al(H2O)6]3+,[Co(H2O)6]2+のようなアクアイオンである。それらは水溶液中で配位子を解離してH+を放ちやすく、したがって酸性を示すことが多い。たとえば、
  [Fe(H2O)6]3++H2O―→
   [Fe(OH)(H2O)5]2++H3O+
である。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アクアイオンの関連キーワード安定度定数アクア錯塩H2O複塩水和

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android