コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サベリ人 サベリじんSabelli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サベリ人
サベリじん
Sabelli

古代イタリアに広く分布したオスク語族のローマ側の呼称。彼ら自身はサフィネイス Safineisと称した。前4世紀頃まで拡大,分裂を続けた。サビニ人,サムニウム人,カンパニア人,ブルッチ人,ルカニア人,マメルチニ人などが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サベリじん【サベリ人 Sabelli】

古代イタリアの種族名。狭義ではサムニウム人またはサビニ人の別称。広義ではこれらの種族をも含むオスキ人の総称で,この場合イタリック語を話す諸種族はオスク・ウンブリア人ではなく,ウンブリア・サベリ人と称される。いずれにせよ彼らはインド・ヨーロッパ語系の言語を使用し,その呼称はサビニSabini,サムニウムSamniumと同じ語根をもち,サビニ人の神の名前サブスSabusと関連するであろう。【平田 隆一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サベリ人の関連キーワードカンパーニア州オスク人クマエ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android