コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サベリ人 サベリじん Sabelli

2件 の用語解説(サベリ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サベリ人
サベリじん
Sabelli

古代イタリアに広く分布したオスク語族のローマ側の呼称。彼ら自身はサフィネイス Safineisと称した。前4世紀頃まで拡大,分裂を続けた。サビニ人サムニウム人カンパニア人,ブルッチ人ルカニア人,マメルチニ人などが含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サベリじん【サベリ人 Sabelli】

古代イタリアの種族名。狭義ではサムニウム人またはサビニ人の別称。広義ではこれらの種族をも含むオスキ人の総称で,この場合イタリック語を話す諸種族はオスク・ウンブリア人ではなく,ウンブリアサベリ人と称される。いずれにせよ彼らはインドヨーロッパ語系の言語を使用し,その呼称はサビニSabini,サムニウムSamniumと同じ語根をもち,サビニ人の神の名前サブスSabusと関連するであろう。【平田 隆一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サベリ人の関連キーワードサムニウム人サムニウム戦争ポンペイムニキピウムイタリアンプルトニウム爆弾剪むプルトニウム239はさむハサミヘルニキ族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone