コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマツモドキ(擬早松茸) サマツモドキTricholomopsis rutilans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマツモドキ(擬早松茸)
サマツモドキ
Tricholomopsis rutilans

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。サマツタケモドキともいう。夏秋の頃,マツの切り株などに発生する。傘は初め鐘形ないし丸山形,のちに平らに開き中央がややくぼむ。径5~15cm,表面は乾燥し淡黄色で全面に赤紫色の綿毛状の鱗片が密生している。中央は濃色。ひだは黄色,柄は長さ6~20cmで淡黄色,多くはきわめて細い綿毛状の鱗被をもっている。食べることもあるが,ときに下痢を起すという。北海道,本州に産し,北アメリカ,ヨーロッパ,オーストラリア,小アジアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android