コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモトロール油田 サモトロールゆでんSamotlor oil field

3件 の用語解説(サモトロール油田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモトロール油田
サモトロールゆでん
Samotlor oil field

西シベリアで 1965年に発見されたソビエト連邦最大の油田。産油量は 1981年に日量約 300万バーレルを記録したが,早い時期から水の圧入を行なうなど生産拡大を進めたため,1990年代には減退期に入った。1990年代末には日量 30万バーレルまで落ち込んだが,その後先進的技術の適用により日量約 75万バーレルを回復したとされた。ロシア企業チュメニオイル TNKとイギリスBPの折半出資企業として 2003年に設立された TNK-BPが,生産にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サモトロールゆでん【サモトロール油田 Samotlorskoe】

西シベリア低地帯,オビ川中流域に位置する同地域最大の油田。西シベリアでは1930年代前半から地質調査が行われたが,この地域で初めての商業的油田(シャイム油田)が発見されたのは60年,本油田が発見されたのは65年,生産が開始されたのは69年である。同年末からは水攻法も実施されている。本油田の埋蔵量は約274億バレルと推定され,世界第5位である。生産量は82年には日産300万バレルでガワール油田に次いで世界第2位であったが,93年には日産85万バレルと減退している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サモトロール油田の関連キーワードアニオン電着塗装石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)スペイン映画密貿易ラジオ放送アイソン彗星

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone