サラリーマン重役(読み)サラリーマンじゅうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラリーマン重役
サラリーマンじゅうやく

身分上は従業員である管理者のなかから取締役に入り経営責任を負う者。企業役員は,発生史的かつ理念的には企業の所有者であり,従業員ではない。欧米の大企業では今日でもこの形をとるものがある。しかし,株式市場の発達と企業自体の規模が質的,量的に拡大したことから,株式会社における所有と経営の分離が進み,サラリーマン重役が出現するにいたった。日本ではホワイトカラー終身雇用制により,従業員が役員に選任されることが通常になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラリーマン重役の関連情報