コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラール語 サラールごSalar language

世界大百科事典 第2版の解説

サラールご【サラール語 Salar】

中国の青海省循化を中心とする黄河南岸地帯で話されているチュルク系の言語。チュルク諸語のうち最も東に分布する方言。話者人口は約3万とも約5万ともいわれる。サラール族は,中国で〈薩拉爾〉または〈撒拉〉と書かれる。また,サリ・ウイグルともいわれる。《明史》には〈撒拉畏兀児〉とある。しかし,このサリSarıとサラールSalarが同源かどうか明らかでない。数詞は次のとおり。biːr〈1〉,iʃki〈2〉,oʃ〈3〉,təːt〈4〉,peʃ〈5〉,ats〈6〉,jidz〈7〉,sekiz〈8〉,tɔqɔz〈9〉,on〈10〉,Gəːrχ〈40〉。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android