コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリュソフォーン サリュソフォーン sarrusophone

翻訳|sarrusophone

2件 の用語解説(サリュソフォーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリュソフォーン
サリュソフォーン
sarrusophone

管楽器の一種。ダブル・リードと金属製の管から成る主として軍楽隊用管楽器フランス軍楽隊長サリュスの考案により,製作者ゴートロが 1856年に特許を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サリュソフォーン【sarrusophone】

管楽器の一種。フランスの軍楽隊長サリュスW.Sarrusの考案によりP.L.ゴトロが製作,1856年特許。シンチュウ製,末広がりの円錐管をダブルリードで鳴らすもので,長さの割に太い。小型の高音楽器から大型の低音楽器まで,基調を変ロ,変ホのいずれかにとって,整然とした一系列を成すように作られたが,最低音のコントラバスだけは変ホ,変ロの両種のほか,ハのものもある。考案意図は合理的な設計によるダブル・リード楽器によって吹奏楽などの充実を図ることにあり,サクソフォーンの成功に刺激されたものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サリュソフォーンの関連キーワード軍楽サクソルンスーザフォーンフリューゲルホーンマリュスの定理ペトリュス永井建子中村祐庸古矢弘政山口常光

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone