コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サリュソフォーン サリュソフォーンsarrusophone

翻訳|sarrusophone

2件 の用語解説(サリュソフォーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サリュソフォーン
sarrusophone

管楽器の一種。ダブル・リードと金属製の管から成る主として軍楽隊用管楽器フランス軍楽隊長サリュスの考案により,製作者ゴートロが 1856年に特許を得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サリュソフォーン【sarrusophone】

管楽器の一種。フランスの軍楽隊長サリュスW.Sarrusの考案によりP.L.ゴトロが製作,1856年特許。シンチュウ製,末広がりの円錐管をダブルリードで鳴らすもので,長さの割に太い。小型の高音楽器から大型の低音楽器まで,基調を変ロ,変ホのいずれかにとって,整然とした一系列を成すように作られたが,最低音のコントラバスだけは変ホ,変ロの両種のほか,ハのものもある。考案意図は合理的な設計によるダブル・リード楽器によって吹奏楽などの充実を図ることにあり,サクソフォーンの成功に刺激されたものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone