サリン防止法(読み)さりんぼうしほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「サリン防止法」の解説

サリン防止法
さりんぼうしほう

猛毒ガス・サリンを使った犯罪防止のために1995年(平成7)4月21日に施行された法律で、正式名称は「サリン等による人身被害の防止に関する法律」。平成7年法律第78号。サリンの「発散」、「製造・輸入・譲り受け・譲り渡し・所持」、「製造を目的にした原料物資の購入・提供」などの禁止規定が盛り込まれており、罰則は、発散が最高で無期、製造・所持・譲渡なども7年以下(発散目的は10年以下)の懲役と定めている。この法律は1995年3月に起きたオウム真理教(2000年アレフ、2003年アーレフ、2008年Aleph(アレフ)と改称)による「地下鉄サリン事件」を契機に成立したが、施行後、オウム真理教でVXソマンタブンイペリットなどとみられる毒ガス物質も製造されていたことが判明したことから、これらの物質も同法の規制対象とする政令も施行された。

西田 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android