サルゴン朝(読み)さるごんちょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「サルゴン朝」の解説

サルゴン朝
さるごんちょう

セム系民族のサルゴン1世が紀元前2350年ごろ南部メソポタミアに樹立したセム系王朝名。アッカド王朝ともよばれる。キシュ第4王朝の酒杯官であったサルゴンはキシュの王位を纂奪(さんだつ)し、メソポタミアに初めて領土国家を建設した。アッカド王朝の諸王は武力によりシリア、アッシリアエラムまで勢力範囲を拡大し、武力により遠距離貿易も活発にした。後代の王朝表によれば、11王が197年間または181年間にわたり統治した。サルゴンが55年、リムシュが15年、マニシュトゥシュが7年、ナラム・シンが56年、シャルカリシャッリが25年、若干の空白を置いて4王が3年、ドゥドゥDuduが21年、シュドゥルルShudurulが15年である。前2150年ごろ、ザーグロス山脈に居住する山岳民族グチ人の侵攻を受けて滅亡した。

[吉川 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサルゴン朝の言及

【アッシリア】より

…首都ニネベ),アッシュールバニパル(在位,前668‐前627ころ。首都ニネベ)までの4代は時にサルゴン朝と呼ばれ,90余年にわたって世界帝国が維持された。特にエサルハドンの治世には,版図はイラン西部からエジプト本土全域にまで及んだ。…

【サルゴン[2世]】より

…アッカド語ではシャッル・キンŠarru‐kin。新アッシリア時代末期に帝国の最盛期を現出した,4代95年にわたるサルゴン朝の創始者。おそらく前王シャルマネセル5世の弟で,王位簒奪者。…

※「サルゴン朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android