コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サレーユ Saleilles, Sébastien Félix Raymond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サレーユ
Saleilles, Sébastien Félix Raymond

[生]1855. コートドル
[没]1912.3.3. パリ
フランスの法学者。 1895年パリ大学教授。 F.ジェニーと並ぶ科学学派École scientifiqueの創始者。『歴史学派と自然法』 École historique et droit naturel (1902) において,ドイツの R.シュタムラーの「内容の変化する自然法」 Naturrecht mit wechselndem Inhaltの考え方を紹介し,「自然法の客観的実現」 réalisation objective du droit naturelの理論を展開し,進化しつつある有機的秩序全体を科学的に探求しかつ確定しなければならないと主張し,特に比較法的方法を重視した。付合契約という概念を確立したことでも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サレーユの関連キーワード人類共通法杉山直治郎

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android