コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サロン・デ・レアリテ・ヌーベル サロン・デ・レアリテ・ヌーベル Salon des Réalités Nouvelles

1件 の用語解説(サロン・デ・レアリテ・ヌーベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サロン・デ・レアリテ・ヌーベル
サロン・デ・レアリテ・ヌーベル
Salon des Réalités Nouvelles

「新現実展」の意味をもつ抽象主義美術の展覧会。第2次世界大戦後の抽象芸術の隆盛に応じて組織された国際的な美術展で,1946年の第1回展以来,毎年パリで開催されている。初期には G.シュネデールをはじめ,戦前からの「抽象・創造 (アブストラクシオン・クレアシオン ) 」の画家たちを中心に,多様な抽象美術家たちが活躍したが,次第に幾何学的抽象美術に作品を限定するようになり,シュネデールらの有力な創設当時のメンバーは,「サロン・ド・メ」に吸収されていった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン・デ・レアリテ・ヌーベルの関連キーワードイコノグラフィー古典主義美術多義理想主義現実主義新現実派多義語表象主義抽象芸術抽象主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone