コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

展覧会 テンランカイ

デジタル大辞泉の解説

てんらん‐かい〔‐クワイ〕【展覧会】

美術品などを陳列して一般に公開する会。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんらんかい【展覧会】

芸術品・製作物などを並べて多くの人に見せる会。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

展覧会
てんらんかい
exhibition 英語 フランス語

芸術作品や産業製品を収集して、限られた期間、特定の会場において展示し、広く一般の観覧に供する催し。恒久的施設に収集品を常時陳列する美術館や博物館とは異なり、展覧会は比較的短期の場合が多く、一定の目的達成を図る主催者と、これに協力する出品者の協力によって行われる。広義には、物品の観覧や売買を行う見本市や新製品発表のビジネスショー、各種博覧会などもこれに含まれるが、単に展覧会といえば、美術展覧会をさすことが多い。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の展覧会の言及

【学芸会】より

…児童・生徒の学習成果に基づき,特別のプログラムをもって劇,朗読,合唱,合奏,舞踏などを子どもたちに発表させる学校行事。展覧会,文化祭などと呼ぶこともある。古くは,江戸中期からの寺子屋での席書(せきがき),天神講など寺子の清書をはり出して展覧する行事があり,明治前半期の小学校では,就学の効果を示す目的から定期試験ののちに優等生に学習成果を発表させる行事が成立,普及し,やがて近隣の学校が共同して〈教育品展覧会〉を組織する場合があった。…

【美術展覧会】より

…美術品の展覧会をいう。不特定多数の鑑賞者を対象とした啓蒙的なもの,自発的に催されるもの(グループ展など)のほか,競売を目的としたものなどがある。…

※「展覧会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

展覧会の関連キーワードロイヤルアカデミーサロンドートンヌオールコンクールカドリエンナーレトリエンナーレエキジビションキュレーター国立新美術館ビエンナーレサロンドメグランプリ見損じる中山公男エキスポ冨永錦堂回顧展芸術品企画展美術品無鑑査

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

展覧会の関連情報