コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サロード

百科事典マイペディアの解説

サロード

北インドのリュート撥弦楽器ヒンドゥスターニー音楽独奏楽器。西アジアのラバーブに起源があると考えられているが,棹の部分に金属板やふくべが取り付けられ,主要弦の下側に十数本の共鳴弦が張られたりして,形状も奏法もインド独特のものになっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サロード【sarōd】

北インドの撥弦楽器(イラスト)。古典音楽に独奏楽器として用いられる。西アジアのラバーブがインドに入ったものと考えられているが,棹の部分に金属板やふくべが取り付けられ,主要弦の下側に十数本の共鳴弦が張られたりして,形状も奏法もインド独特のものになっている。同じ金属弦をもつ撥弦楽器のシタールに比べて音色はじみであるが,深くまろやかな響きを出すことができる。【的場 裕子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サロードの関連キーワードアリ・アクバル・カーンアリ・アクバル・カーン