コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴ海海戦 サンゴかいかいせん Battle of Coral Sea

2件 の用語解説(サンゴ海海戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴ海海戦
サンゴかいかいせん
Battle of Coral Sea

太平洋戦争中の 1942年5月4~8日,ポートモレスビー攻略に向う輸送船団を支援していた日本機動部隊アメリカ機動部隊がサンゴ海上で戦った空・海戦。航空母艦 (空母) 部隊同士が戦った史上初の海戦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンゴ海海戦
さんごかいかいせん

太平洋戦争中、日米両海軍の間で戦われた最初の空母どうしの戦闘。太平洋戦争初頭の勝利によって第一段階の作戦を終えた日本軍は、引き続き第二段階の作戦としてニューギニアポート・モレスビー攻略を企図した。この上陸部隊支援のためにサンゴ海に出撃した日本機動部隊は、1942年(昭和17)5月7日から8日にかけてアメリカ機動部隊と遭遇して激烈な航空戦を展開したが、この戦闘がサンゴ海海戦とよばれる。日本機動部隊は正規空母2隻(瑞鶴(ずいかく)、翔鶴(しょうかく))、小型空母1隻(祥鳳(しょうほう))を、アメリカ機動部隊は正規空母2隻(ヨークタウン、レキシントン)を基幹として編成され、艦載機による激しい戦闘の結果、日本側は祥鳳沈没、翔鶴大破、アメリカ側はレキシントン沈没、ヨークタウン大破という損害を被った。戦術的には日本軍の勝利ともいいうる戦闘であったが、少なからぬ損害を出した日本軍は、ポート・モレスビー攻略戦の延期を余儀なくされた。[吉田 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンゴ海海戦の関連キーワード太平洋戦争アジア太平洋戦争敵性語ミズーリ号戦争と天気図太平洋戦争とキスカ島レイテ島の戦い聯合艦隊司令長官 山本五十六~太平洋戦争70年目の真実中野五郎アジア・太平洋戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone