コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンサルバドルデフフイ San Salvador de Jujuy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンサルバドルデフフイ
San Salvador de Jujuy

略称フフイ。アルゼンチン北西端部,フフイ州の州都。ボリビア,チリ両国との国境に近いアンデス山脈中にあり,ラプラタ川水系グランデデフフイ川にのぞむ。標高約 1260m。先住民であるインディオのオマグアカ族を平定したのち,1593年スペイン人が建設。インディオに対する宣教活動の中心地として,イエズス会やフランシスコ会の宣教師によって聖堂,図書館などが建てられ,この地域の文化中心地となった。現在農業地帯の商工業中心地で,周辺の河谷に産するサトウキビ,果実,ヒツジなどを集散,加工するが,スペイン征服前および植民地時代の美術工芸品や建築物が多数保存されているため,観光業も盛ん。ボリビアからブエノスアイレスへ通じる幹線道路,鉄道が通る。人口 12万 4950 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サン‐サルバドル‐デ‐フフイ(San Salvador de Jujuy)

フフイ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android