コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンジャヤ Sañjaya Belatthipuṭṭa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンジャヤ
Sañjaya Belatthipuṭṭa

前6~5世紀頃のインド思想家。インドで都市が出現し非正統的な一般自由思想が勢力を得た時代に活躍した。仏教の釈尊 (ゴータマ・ブッダ) とほぼ同世代の人。一種の不可知論者で,形而上学的問題に関する判断中止の思想を初めて明らかにしたといわれる。釈尊の二大弟子であるサーリプッタ (舎利弗) とモッガラーナ (木 犍連) とはもとサンジャヤの弟子であった。原始仏教の思想は,この懐疑論を乗越えたところに現れたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のサンジャヤの言及

【マタラム】より

…インドネシア,中部ジャワのジョクジャカルタ付近をさす地名で,古来この名を冠した王国が二つある。一つは732年にサンジャヤSanjayaが建てたヒンドゥー王朝マタラムであり,他は16世紀末ごろから18世紀半ばにかけて存在したイスラム王朝マタラム(マタラム・イスラム)である。ここでは前者を扱うが,以下に述べるように,歴史学の用語としてはやや厳密さを欠く。…

※「サンジャヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンジャヤの関連キーワードシャイレーンドラ朝ディエン高地プランバナンマタラム王国自由思想家ジャイナ教十大弟子六師外道善施太子マタラム目犍連目連

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンジャヤの関連情報