コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎利弗 しゃりほつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舎利弗
しゃりほつ

インドの僧。サンスクリット語 Śāriputraの音写釈尊十大弟子のうちで最も有力だった人で,智慧第一と称された。もと,王舎城に住んでいたバラモンサンジャヤに従って修行していたが,釈尊の弟子であるアッサジという修行者托鉢のために王舎城に入るのを見て心を打たれ,釈尊の弟子となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃりほつ【舎利弗】

《〈梵〉Śāriputraの音写。身子などと訳す》釈迦(しゃか)十大弟子の一人。十六羅漢の一。インドのマガダ国に生まれ、釈迦に師事し、その布教を助けた。智慧(ちえ)第一と称される。舎利子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

舎利弗【しゃりほつ】

古代インドの仏教僧。釈迦の十大弟子の一人。サンスクリットシャーリプトラの音写。マガダ国,王舎城の北のバラモンの家に生まれ,懐疑者サンジャイーバイラチープトラの弟子として,100人を率いたが,釈迦に帰依高弟の随一とされ,智慧(ちえ)第一といわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゃりほつ【舎利弗】

Ś āriputra〕 釈迦の十大弟子の一人。十六羅漢の一。懐疑論者の弟子だったが、のち仏弟子となり、智慧第一といわれた。舎利子。鶖鷺子しゆうろし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舎利弗
しゃりほつ

生没年不詳。紀元前5世紀ごろの人。釈迦(しゃか)の第一の弟子。サンスクリット語のシャーリプトラriputra、パーリ語でサーリプッタSriputtaの音写。玄奘(げんじょう)は舎利子と訳す。中インドのマガダ国のバラモンの家に生まれ、もとウパティッサUpatissaと称した。若いころから学問に優れ、当時もっとも有名な論師の一人で徹底した懐疑論者のサンジャヤSajayaの弟子となり、目(もくけんれん)(目連(もくれん))と親しむ。のち仏弟子のアッサジAssajiに出会い、その教えを聞いて翻然と悟り、目連およびサンジャヤの弟子250人とともに仏弟子となる。とくに智慧(ちえ)に優れ(智慧第一)、釈迦の教説を理論づける働きも果たしたらしく、釈迦にかわって説法する例も少なくない。釈迦入滅以前に没したといわれる。仏教外の資料には舎利弗を仏と扱う例もみられる。のちに大乗仏教がおこり種々の大乗経典がつくられた際、舎利弗は部派仏教(いわゆる小乗)の代表として、また最高の仏弟子のごとく、しばしば引用されている。[三枝充悳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の舎利弗の言及

【十大弟子】より

釈迦の10人の主要な弟子のこと。(1)舎利弗(しやりほつ) パーリ語でサーリプッタSāriputta。舎利子とも書かれる(puttaの音訳が弗,意訳が子)。…

※「舎利弗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舎利弗の関連キーワードサンジャヤ・ベーラッティプッタ仏本行集経止止不須説四大弟子六師外道橘広相目犍連富楼那菩薩羅漢攀縁印可咄咄謀つ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android