サンタクリスティナデレナ教会(読み)サンタクリスティナデレナキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンタクリスティナ‐デ‐レナ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンタクリスティナデレナ教会】

Iglesia de Santa Cristina de Lena》スペイン北西部、アストゥリアス州の町レナの郊外にある教会。9世紀にアストゥリアス王ラミロ1世により建造。ロマネスク以前のプレロマネスク様式という独自の建築様式で知られ、サンタマリアデルナランコ教会サンミゲルデリーリョ教会とともに、1985年に「アストゥリアス王国の教会」として世界遺産(文化遺産)に登録され、1998年に「オビエドとアストゥリアス王国の建築物」の名称で他の建築物とともに拡張登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android