コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタクリスティナデレナ教会 サンタクリスティナデレナキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サンタクリスティナ‐デ‐レナ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サンタクリスティナデレナ教会】

Iglesia de Santa Cristina de Lena》スペイン北西部、アストゥリアス州の町レナの郊外にある教会。9世紀にアストゥリアス王ラミロ1世により建造。ロマネスク以前のプレロマネスク様式という独自の建築様式で知られ、サンタマリアデルナランコ教会サンミゲルデリーリョ教会とともに、1985年に「アストゥリアス王国の教会」として世界遺産(文化遺産)に登録され、1998年に「オビエドとアストゥリアス王国の建築物」の名称で他の建築物とともに拡張登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サンタクリスティナデレナ教会の関連キーワードサンフランシスコ教会ラメルセー教会マイケルズサンイシドロ教会サンタマリアデルナランコ教会サンタフェサンタクルス島グアラニーのイエズス会伝道施設群サンタトラッカー篠山紀信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android