コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタクルス県 サンタクルスSanta Cruz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタクルス〔県〕
サンタクルス
Santa Cruz

ボリビア東部の県。県都サンタクルス。同国最大の県で,東はブラジル,南はパラグアイと国境を接する。アンデス山脈とブラジルのマトグロッソ高原の間に広がる熱帯低地を占め,大部分はアマゾン川水系のマモレ川流域に属するが,南東部はパラグアイ川流域に入る。県域の半分近くを占める草原はすぐれた放牧場となり,ウシ,ウマの飼育を中心とした牧畜が盛ん。その他は森林地帯であるが,土壌がきわめて肥沃で,森林を切り開いて農業開発が進められている。 1950年代なかば以降日本ボリビア移住協定に基づいて同県内に建設された日本人移住地も農業開発に貢献,70年代なかばサンタクルス周辺のコロニアサンフアン,コロニアオキナワ両移住地に約 3000人の日本人が定住している。主要作物はイネ,サトウキビ,ワタ,キャッサバ,トウモロコシ,果樹など。 53年以降南西部のカミリ油田が開発され,同国の重要な産油地帯となっており,スクレ,コチャバンバなどの製油所へパイプラインが通じている。長い間交通の便が悪く,豊かな天然資源の開発を妨げてきたが,50年代以降県都を中心に内外と結ぶ道路,鉄道が整備された。面積 37万 621km2人口 135万 1191 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンタクルス県の関連キーワードチキトスのイエズス会伝道施設群チキトスのイエズス会伝道所プエルトスアレスカナリア諸島チキトス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android