コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタンヌ学派 サンタンヌがくは L’École de Sainte Anne

1件 の用語解説(サンタンヌ学派の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サンタンヌがくは【サンタンヌ学派 L’École de Sainte Anne】

フランスの精神医学における一学派。フランスの文化の中心がパリであったように,精神医学の領域においてもパリのサルペトリエールやビセートルといった病院を臨床,研究の場として多くのフランス精神医学者たちが活躍した歴史がある。そして,1866年ころからそれまでもっぱら治療の場として使用されていたサンタンヌの施設(パリ14区,サンテ通り)が,精神病クリニックと総称される病院群となるとともに,ここに精神医学の講座が設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサンタンヌ学派の言及

【精神医学】より

…20世紀に入るとともに,精神分析のS.フロイト,それを容認して力動的な症状論を展開するE.ブロイラー,現象学の導入により方法論を整備したK.ヤスパースら,新たな勢力が台頭して,19世紀の精神医学に深さと広がりと高さを加える。これらがヨーロッパ全域で豊かな開花をみせるのはとりわけ20世紀の20年代で,ヤスパース,H.W.グルーレ,マイヤー・グロースW.Mayer‐Grossを擁するハイデルベルク学派,R.ガウプとE.クレッチマーを擁するチュービンゲン学派,そしてクロードH.ClaudeとH.エーを中心とするフランスのサンタンヌ学派などがその重要な拠点となった。ただし,これらの開花が現代精神医学の繁栄をもたらすまでには,30年代から40年代半ばにかけてナチス体制下のドイツ精神医学が精神病者をガス室へ送りこむのに荷担するというあの暗い歴史が介在しているのを忘れることができない。…

※「サンタンヌ学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンタンヌ学派の関連キーワードクレペリンジャネフランス領インドシナラカン精神衰弱フランス窓フランスソワールマンデスフランスフランケル法 (Frankel method)ペキネ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone