サンタ・マリア・デレ・グラツィエ聖堂[ミラノ](読み)サンタ・マリア・デレ・グラツィエせいどう[ミラノ](英語表記)Santa Maria delle Grazie, Milano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタ・マリア・デレ・グラツィエ聖堂[ミラノ]
サンタ・マリア・デレ・グラツィエせいどう[ミラノ]
Santa Maria delle Grazie, Milano

イタリア,ミラノにあるドミニコ修道会の聖堂。バシリカ式の本堂は 1460年代に完成。内陣部はブラマンテの設計により 1492~97年 (1480年代末に始められ,1490年代を通じて工事が継続していたとする説もある) に建造された。集中式聖堂で,外観は煉瓦壁にメダイヨンを規則的に並べた優雅な構成である。付属修道院食堂のレオナルド・ダ・ビンチの壁画『最後の晩餐』が有名。 1980年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android