サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂(読み)サンタマリアマッジョーレせいどう

百科事典マイペディアの解説

イタリアのローマにある聖堂。430年ころ建てられたバシリカ式の建物は,身廊に沿った円柱列が水平の梁(はり)をささえており,5世紀以前の初期バシリカ様式をよく伝えている。身廊周壁と内陣壁に残るモザイクは新・旧約聖書を主題とし,5世紀ころの作と考えられ,ビザンティン文化の初期に作られたラベンナサン・ビターレ教会のモザイクとともに名高い。
→関連項目ローマ(都市)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android