コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンナール サンナールSannār

1件 の用語解説(サンナールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンナール
Sannār

スーダン南東部にある町。首都ハルツームの南東約 250km,ブルーナイル川西岸に位置する。1504年から 1821年までスーダンの大部分を支配し,「黒い首長国」と呼ばれていたムスリムのセンナー王国の首都で,廃虚が残る。1925年,ブルーナイル川に長さ 3025m,高さ 40mのサンナールダムが完成し,首都を含む広範な地域に電力を供給,ジャジーラ地方の灌漑を行なう。ナイル河谷沿いに南北に走る鉄道,道路から,西方チャドにいたる鉄道,道路が分岐する。人口約 1万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone