コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンナール Sannār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンナール
Sannār

スーダン南東部にある町。首都ハルツームの南東約 250km,ブルーナイル川西岸に位置する。1504年から 1821年までスーダンの大部分を支配し,「黒い首長国」と呼ばれていたムスリムのセンナー王国の首都で,廃虚が残る。1925年,ブルーナイル川に長さ 3025m,高さ 40mのサンナールダムが完成し,首都を含む広範な地域に電力を供給,ジャジーラ地方の灌漑を行なう。ナイル河谷沿いに南北に走る鉄道,道路から,西方チャドにいたる鉄道,道路が分岐する。人口約 1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンナールの関連キーワードワドマダニクースティカダーリフ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android