コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンネモーセ サンネモーセSandemose, Aksel

1件 の用語解説(サンネモーセの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンネモーセ
Sandemose, Aksel

[生]1899.3.19. ニューケピン
[没]1965.8.6. コペンハーゲン
デンマーク生れのノルウェーの小説家。船員として長く海外を回り,母の生国ノルウェーに帰化して作家生活に入った。濃密なリアリズムに怪異な幻想を交えた作風。主著『船員が陸に上がる』 En sjømann går iland (1931) ,『逃亡者が彼の足跡を横切る』 En flyktning krysser sitt spor (33) ,『過ぎ去ったものは夢』 Det svundne er en drøm (44) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンネモーセの関連キーワードリジェンダー童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生ハーグ平和会議久保天随会津若松(市)緯度変化株式会社極運動

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone