コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンネモーセ Sandemose, Aksel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンネモーセ
Sandemose, Aksel

[生]1899.3.19. ニューケピン
[没]1965.8.6. コペンハーゲン
デンマーク生れのノルウェーの小説家。船員として長く海外を回り,母の生国ノルウェーに帰化して作家生活に入った。濃密なリアリズムに怪異な幻想を交えた作風。主著『船員が陸に上がる』 En sjømann går iland (1931) ,『逃亡者が彼の足跡を横切る』 En flyktning krysser sitt spor (33) ,『過ぎ去ったものは夢』 Det svundne er en drøm (44) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンネモーセの関連キーワードノルウェー文学3月19日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android