コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回り/廻り/周り マワリ

2件 の用語解説(回り/廻り/周りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まわり〔まはり〕【回り/×廻り/周り】

[名]
(回り・廻り)まわること。まわり方。転じて、ものの働きぐあい。「モーターの―が悪い」「頭の―が早い」
(ふつう「周り」と書く)
㋐そのものの外側の縁の部分。また、その長さ。周囲。ぐるり。「湖の―に沿った道」
㋑そのものを囲んでいる近くの部分。近辺。周辺。あたり。「口の―をふく」「―に迷惑をかける」
(回り・廻り)一定の範囲を順にめぐること。「年始―」
(回り・廻り)ある地点を経由したり、ある方向のコースをとったりすること。「常磐線―で仙台へ行く」「北―の航空便」
(回り・廻り)遠くなるほうの道をとること。また、その道。回り道。遠回り。
「―になるのを承知で、電車通りを行った」〈里見弴安城家の兄弟
(回り・廻り)及ぶこと。行き渡ること。「火の―を食い止める」「酒の―が早い」
おかずをいう女房詞。飯のまわりに置いたところからいう。
[接尾](回り・廻り)
物事の大きさ・規模などを比較するとき、その程度を漠然と表すのに用いる。「一―小さいサイズ」「からだが一―大きくなった」
長さを表す語に付いて、周囲の長さがそれだけあることを表す。
「何処に何尺何寸―の松が何本あって」〈蘆花思出の記
助数詞。
㋐まわる回数を表すのに用いる。「グラウンドを一―する」
㋑十二支を年に当てることから、12年を1期として、年齢の差を表すのに用いる。「年が二―も違う夫婦」
㋒祈願・服薬などで、7日を1期として数えるのに用いる。「三―分の薬」
[下接語]足回り田舎回り居回り内回り馬回り襟回り大回り御(お)回り金回り空(から)回り木回首回り腰回り小回り先回り下回り地(じ)回り定廻(じょうまわり)外回り立ち回り旅回り近回り月回り手回り胴回り遠回り得意回り時計回りどさ回り年回り供回り泥棒回り庭回り根回り年始回り膝(ひざ)回り左回り一(ひと)回り・火回り・星回り町回り右回り水回り身の回り見回り胸回り持ち回り役回り夜(よ)回り利回り礼回り

もとおり〔もとほり〕【回り/×廻り】

《動詞「もとおる」の連用形から》
まわること。めぐること。
周囲。めぐり。
「大殿のこの―の雪な踏みそね」〈・四二二七〉
鷹(たか)狩りで、鷹の足につけるひもの金具。〈和名抄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の回り/廻り/周りの言及

【航路】より

…運用上からは船が定期的に運航する定期航路と不定期に運航する不定期航路があり,そのほか,主として航行する船舶の船種,大きさによって,貨物船航路,タンカー航路,客船航路,大型船航路,小型船航路などと,また,航行区域と関連づけて遠洋航路,近海航路,沿海航路,平水航路などと慣用的に呼称されることもある。 日本で航路という名称が用いられるようになったのは明治以降であり,江戸時代には〈回り〉という言葉が使われ,例えば,江戸~大坂間は〈表回り〉,秋田付近から大坂へは〈北前回り〉などと呼ばれていた。帆船時代には自然的制約が強く,所要日数が不確定のため,定時運航はできなかったが,年間何航海という形で運航されていた。…

※「回り/廻り/周り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

回り/廻り/周りの関連キーワード巡り首回り町回り回り・廻り・周り水回り見回り礼回り西回り東回り回り縁(廻り縁)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone