コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・モリッツ Saint‐Moritz

世界大百科事典 第2版の解説

サン・モリッツ【Saint‐Moritz】

スイス南東部,グラウビュンデン州(カントン)にあるウィンター・スポーツの中心地。人口5900(1980)。町の主要部はサン・モリッツ湖の北西岸にある。標高1822mに位置し,避暑地としても有名。近くのコルバッチュ山Corvatsch(3451m)は夏スキーのメッカ。古くから湖南岸の温泉(鉄泉)が知られ,著名な巡礼地でもあった。19世紀末以降急速に発展し,1980年には19万人以上の観光客,スポーツ愛好家が訪れている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サン・モリッツの関連キーワードガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピック(1936年)サン・モリッツオリンピック(1928年)サン・モリッツオリンピック(1948年)グラウビュンデン・アルプスベルニナ・エクスプレススケルトン(スポーツ)コモンウェルスゲームズベルニーナ・アルプスグラウビュンデンニセコアンヌプリサン・モリッツホワイトターフ第2次世界大戦エンガディーンセガンティーニベルニナ[山]オリンピックエンガディンスポーツ医学スキー競技

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android