グラウビュンデン州(読み)グラウビュンデン(英語表記)Graubünden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラウビュンデン〔州〕
グラウビュンデン
Graubünden

ロマンシュ語ではグリシュン Grishun,イタリア語ではグリジョーニ Grigioni。スイス東端にあるスイス最大の州。州都クールライン川イン川の上流域にあり,特にライン川の水源の大部分はこの州にある。ベルナーオーバーラントのほか,アドゥーラ,アルブラ,シルブレッタ=レティコンなどの山脈が連なり,北西にテーディ (3614m) ,南東にベルニナ (4049m) などの高峰がそびえる。住民は半数強 (北部-中部,中心はクール) がドイツ語,約3割 (東端イン地方,西端フォルダーライン地方および中部) がロマンシュ語,1割強 (南部ベルニナ地方,南西端モエザ地方ほか) がイタリア語を話す。また,半数強がプロテスタントでドイツ語を話す地方に多い。この地方は古くはローマの属州ラエティアで,多くの小共同体があり,14~15世紀に,ゴッテスハウスブント (神の家の同盟。 1367) ,オーバーブント (上地域同盟) 別称グラウエルビュント (灰色同盟──州名の起源。 95) ,ツェーンゲリヒテンブント (十裁判官区連盟。 1436) の3つの同盟ができた。これらは互いに結び合い,さらにスイス同盟の支援を得て,1499年にはマクシミリアン1世と戦い (シュワーベン戦争) ,スイスの独立を事実上認めさせた。ただしその後も,この地方は,交通上,戦略上の位置の重要さから,オーストリア,フランスなどの侵略を受けた。スイス同盟への加入は 1803年。牧畜,林業が盛んで,水力開発が進み,ブドウ,トウモロコシなどの栽培,ワイン醸造と,クール周辺の軽工業のほか,観光とスキーが主要な収入源。ダボスザンクトモリッツポントレジーナアローザなどに観光客が多い。面積 7106km2。人口 17万 411 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android