コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セガンティーニ セガンティーニ Segantini, Giovanni

5件 の用語解説(セガンティーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セガンティーニ
セガンティーニ
Segantini, Giovanni

[生]1858.1.15. アルコ
[没]1899.9.28. ポントレジーナ
イタリアの画家。ミラノブレラ美術学校に学ぶ。 1882年コモ近郊のブリアンツァに住み,のちスイスアルプス山中にこもって短い生涯を終えた。ほとんど独学でアルプスの風景や農民,牧人生活を主題とした作品を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セガンティーニ(Giovanni Segantini)

[1858~1899]イタリア生まれの画家。スイスに定住。アルプスを背景に自然と人間との調和を追求、独自の点描法のもとに象徴主義的な画風を示した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セガンティーニ

イタリアの画家。アルプス南麓のアルコ生れ。幼時に孤児となり,牧童生活を送りながら絵を独学。一時ミラノの美術学校に学んだが,再びアルプス山中に入り,山岳や山村風景を描いて名をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セガンティーニ【Giovanni Segantini】

1858‐99
イタリアの画家。アルコ・ディ・トレントArco di Trento生れ。不幸な少年時代をミラノで送り,ブレラ美術学校で学ぶ。当初,ミレーオランダのイスラエルスJ.Israels,マウフェA.Mauveの影響で自然主義に傾倒し,1886年から住みついたスイスのアルプス地方で,細かい点描を用いて戸外の人々の暮しを描く。90年ころからはしだいに象徴主義に傾き,冷たさを増す色彩と奇妙な輪郭をもった形態によって,大自然に包まれた人間の生と死の神秘を描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セガンティーニ
せがんてぃーに
Giovanni Segantini
(1858―1899)

イタリアの画家。スイスの山岳風景を題材に、人間と自然の澄みきった調和を描いたことで知られる。アルプス山麓(ろく)のアルコに生まれ、5歳のときに母親を亡くし、父親とも別れて、貧困と孤独の幼年時代を送る。短期間ブレラのアカデミーに学んだのち、イタリアのブリアンツァ地方に暮らし、自然主義的傾向の強い絵画を描く。1886年から94年まで明るい光のあふれたスイスのサボニーノに住み、独自の仕方で『編物をする羊飼いの少女』(1887・チューリヒ美術館)にみられるような筆触分割(分割主義)の手法を獲得する。芸術に精神的なものを求めた彼は、『生命の天使』(1894・ミラノ近代美術館)を描いてから象徴主義に向かう。文明の拘束を嫌い、汚れなき自然のうちに、生命の輝きを表現しようと望んだ。また社会主義思想に共鳴し、芸術論を雑誌に寄稿する。94年からスイスのマローヤに住んだが、やがて遺作となる『生』『死』『自然』の三部作(サン・モリッツ、セガンティーニ美術館)に取り組む。スイスの高原地帯エンガディンを舞台とするこの三部作は、セガンティーニの理想とした人間の厳しく清浄な生のあり方を伝えている。しかし、彼はこの風景画を標高2700メートルのシャーフベルクで制作中、盲腸炎のために41歳で急死した。東京の国立西洋美術館には『ブリアンツァの風笛を吹く男たち』、倉敷の大原美術館には『アルプスの真昼』が所蔵される。[浅野春男]
『松方三郎著『ファブリ世界名画集90 セガンティーニ』(1973・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセガンティーニの言及

【イタリア美術】より

…この中では彫刻家M.ロッソがロダンに劣らぬ悲劇的な生命力を表現した。フランス印象主義もイタリアではセガンティーニの象徴主義的傾向に変質している。イタリア人は,印象派の純粋な光学的実験には興味をもたなかった。…

※「セガンティーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セガンティーニの関連キーワードアンジェリコチェンニーニティントレットバザーリポントルモイタリアントリエントトレンティーノアルトアディジェアンドレア・デル・サルトジョバンニ・ディ・パオロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セガンティーニの関連情報