コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーダナマーラー サーダナマーラーSādhanamālā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーダナマーラー
Sādhanamālā

インド,パーラ朝 (8世紀中頃~12世紀後半) 時代に栄えた密教の修法と尊像との関係を記した代表的文献。サーダナが「成就」,マーラーが「鬘 (まん) 」ないし「集」の意味で,特定の本尊に対し特定の修法を行い所願を成就する方法を集録したもの。多くの阿闍梨 (あじゃり) つまり祖師たちによって編まれた 312の所願成就法を載せ,1169年の筆写本が最古のものとして有名。日本密教の御修法 (みしほ) の集録『阿娑縛抄 (あさばしょう) 』『覚禅抄』などと体裁,内容が似ている。『サーダナマーラー』には図像を載せていないが,現存するパーラ朝の諸尊像と同書の記述と合致するものが多く,同朝仏像研究の基本的文献史料としての価値が高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サーダナマーラーの関連キーワードナーランダ遺跡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android