コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚禅抄 かくぜんしょう

3件 の用語解説(覚禅抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚禅抄
かくぜんしょう

真言密教僧の覚禅が建保5 (1217) 年頃に抄記した 128巻に及ぶ図像抄。台密の『阿娑縛抄』に対し,東密の密教図像研究の基本的資料。『百巻抄』『浄土院抄』などともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくぜんしょう【覚禅抄】

鎌倉初期の仏教書。真言宗の諸経法,諸尊法,灌頂などの作法に関する研究書。著者の金胎房覚禅は,勧修寺の興然,醍醐寺の勝賢などに師事した博学多聞の僧で,絵に巧みであった。鎌倉時代の前期は,密教の行法に関する知識の集成がさかんであったが,覚禅は数十年をかけて諸師の口伝を集め,膨大な典籍を調査して100余巻の書を著した。《覚禅抄》は広く《百巻抄》の名で知られたが,現存するものは120余巻で,巻数や写本による異同などの正確なことはわかっていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

覚禅抄
かくぜんしょう

鎌倉時代の仏教書。覚禅(1143―?)撰述(せんじゅつ)。覚禅は字(あざな)を金胎房(こんたいぼう)、嵯峨阿闍梨(さがあじゃり)ともいわれた僧侶(そうりょ)で、仁和寺(にんなじ)をはじめ多くの密教の名師について学んだ。本書は、1176年(安元2)から1213年(建暦3)の約37年間に、勧修寺(かじゅうじ)、高野山(こうやさん)、醍醐寺(だいごじ)などの古記録を渉猟し、仏典や儀軌をはじめ修法について記述したもので、全100巻、ために『百巻抄』ともよばれている。とくに貴重なのは、392葉の図像を仏・観音(かんのん)・文殊(もんじゅ)・菩薩(ぼさつ)など9部に分けて記載していることで、東密関係の仏像研究には欠かせない資料であり、わが国の図像集の白眉(はくび)とされる。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚禅抄の関連キーワード仁和寺宮守覚法親王原始仏教十輪院大乗玄論仏祖統紀古義真言宗曼荼羅供真言宗智山派神奈川県鎌倉市腰越隆遍(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone