コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーマン朝 サーマンちょう Sāmānids; Sāmāniyān

1件 の用語解説(サーマン朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーマン朝
サーマンちょう
Sāmānids; Sāmāniyān

トランスオクシアナおよびイラン東部を支配したイラン系王朝 (875~999) 。バルフ地方の豪族サーマン家は9世紀初めにはアッバース朝に仕えて東部イラン,トランスオクシアナ各地の知事の職にあったが,875年ナスル (在位 874~892) がアッバース朝から自立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーマン朝の関連キーワードイラン美術イランイラントランスセクシャルバランスオブパワートランスアクスルトランスセクシュアルスベトランスカヤ通りバランスオンコトランスキー岩トランソクシアナ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone