コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーライト構造 サーライトこうぞう surreite structure

1件 の用語解説(サーライト構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

サーライト構造

ネオソム(neosome)が,褶曲の芯あるいはブーディン構造のくびれた部分などの岩質の境界に沿って分布している構造.ペグマタイト超変成作用を受けて,その中の流線がちょうど磁力線が磁極に向かって収斂するような形を示す構造となったもの[Holmquist : 1920].ネオソムミグマタイトの新しく形成された部分.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーライト構造の関連キーワードプティグマティック脈オフサルミック構造サーライト状ミグマタイトシュリーレン構造ショーレンステレオソムカイリオソムネオソムプロトリスパンペリーの褶曲の法則