コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーライト構造 サーライトこうぞうsurreite structure

岩石学辞典の解説

サーライト構造

ネオソム(neosome)が,褶曲の芯あるいはブーディン構造のくびれた部分などの岩質の境界に沿って分布している構造.ペグマタイトが超変成作用を受けて,その中の流線がちょうど磁力線が磁極に向かって収斂するような形を示す構造となったもの[Holmquist : 1920].ネオソムミグマタイトの新しく形成された部分.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android