コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーライト構造 サーライトこうぞうsurreite structure

岩石学辞典の解説

サーライト構造

ネオソム(neosome)が,褶曲の芯あるいはブーディン構造のくびれた部分などの岩質の境界に沿って分布している構造.ペグマタイトが超変成作用を受けて,その中の流線がちょうど磁力線が磁極に向かって収斂するような形を示す構造となったもの[Holmquist : 1920].ネオソムミグマタイトの新しく形成された部分.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android