ザクロス(英語表記)Zákros

世界大百科事典 第2版の解説

クレタ島東岸にあるミノス文明時代の宮殿址。カト・ザクロKáto Zákroともいう。新宮殿時代の初め,前1700年ころに建てられ,前1450年ころ火災によって滅んだ。規模クレタ島の他の宮殿より小さいが,同じように中央中庭を取り囲む多くの部屋の集合体で,主要部は東翼と西翼とに分けられる。西翼は中庭に面して儀式の間,饗宴の間とよばれる広い部屋などが占め,儀式の間のには赤色粘土がはめこまれていた。これらの背後礼拝堂,神宝庫などの小室が続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のザクロスの言及

【クレタ[島]】より

…イギリスの考古学者A.J.エバンズは,このクレタ島青銅器文化を伝説の王ミノスにちなんで〈ミノス文明〉と命名した。ミノス文明は前2千年紀には華々しい宮殿文化を開花させ,クノッソス,ファイストス,マリア,そして同島東端のザクロス(カト・ザクロス)に壮大な宮殿が営まれ,第2宮殿時代の前16世紀には島内各所に地方的な館が建設された。しかし繁栄の絶頂にあった前15世紀の半ば,ミノス文明の諸拠点はクノッソス宮殿を唯一の例外として破壊を受け灰燼に帰してしまった。…

※「ザクロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザクロスの関連情報