ザッパー(読み)ざっぱー(英語表記)Agnes Sapper

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザッパー(Agnes Sapper)
ざっぱー
Agnes Sapper
(1852―1929)

ドイツの女流児童文学作家。ミュンヘンに生まれ、1898年に夫を失ってウュルツブルクに移住。1892年に最初の少女小説集が刊行された。長編『一年生時代』(1894)もなお教育的少女小説にとどまるが、『小さなおばかさん』(1904)に始まり、代表作『愛の一家』(1907)を経て『生成と成長』(1910)に至る、音楽教師プフェフリング一家の物語は、大家族ゆえに経済的に苦しみながら、助け合ってけなげに明るく生きていく市民の一家庭を描いて大成功を収めた。[関 楠生]
『植田敏郎訳『一年生時代』(1954・創元社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザッパーの関連情報