ザバナ・ヌトレニャナ山(読み)ざばなぬとれにゃなさん(英語表記)Thabana Ntlenyana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザバナ・ヌトレニャナ山
ざばなぬとれにゃなさん
Thabana Ntlenyana

レソト東部にある南部アフリカの最高峰。標高3482メートル。オレンジ川の源流部のドラケンスベルク山脈(ドラケンスバーグ山脈)の開析台地の一部で、粗粒玄武岩に覆われた部分が高所を形成し、この山もその一つである。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android