コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザユル(察隅)県 ザユルrdza yul; Chayü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザユル(察隅)〔県〕
ザユル
rdza yul; Chayü

旧称はサンアンチュイ (桑昂曲) 。中国西南地方,チベット (西蔵) 自治区南東部,ニンティ (林芝) 地区の県。ヒマラヤ山脈東端の南斜面にある。森林におおわれ,谷底から山頂に進むにつれ,暖帯林から温帯林,さらに針葉樹林へと変化し,山頂には氷河が発達している。行政中心地のチーコン (吉公) はヤルン川の支流ザユル川の谷にある。谷底は温暖湿潤な農業地域で,ハダカムギのほか水稲,コムギ,トウモロコシが栽培され,段々畑の造成が盛んである。傾斜地には広く茶園が開かれ,リンゴ,モモ,ナシなどの果樹作も行われる。人口2万 2802 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android