ザリガニミミズ(英語表記)Stephanodrilus sapporensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザリガニミミズ
Stephanodrilus sapporensis

環形動物門貧毛綱新貧毛目ヒルミミズ科。体長9~12mm,体幅2~3mm。体は円柱形で,頭部胴部に区別され,10大体節から成る。各体節には剛毛がない。体前端の口の周囲には 16個の突起が並び,その外側に 13個の指状突起をもった背唇がある。また口腔内にはキチン質の2個の顎板があり,その形は種類によって異なる。雌雄同体で,第6大体節の腹面中央線上に1個の雄性孔が開く。体の後端吸盤をもち,これで北海道産のザリガニ体表に付着して生活し,ヒルと同じような運動をする。卵包はおもにザリガニの遊泳脚に固着している。なお,本種のほかにカムリザリガニミミズ,オオアゴザリガニミミズなど十数種類が本州北部や北海道産のザリガニの体表,鰓室内から知られているが,これらはいずれも体長2~3mmで小さい。アメリカから帰化したアメリカザリガニにも1~2種類のザリガニミミズが付着している。最近,ザリガニ以外の甲殻類からも発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザリガニミミズ【Stephanodrilus sapporensis】

貧毛綱ヒルミミズ科の環形動物。北海道に産するザリガニの体表に吸盤で付着して生活するところからこの名がある。体長9~12mm,体幅2~3mmの円柱形で頭部と胴部に区別される。体は白色に淡い黄褐色を帯び,頭部,10大環節と9小環節とからなり,最後端は皿状の吸盤になっている。剛毛はまったくない。頭部の前端にある口の周囲には16個の小突起があり,その外側には13個の指状突起をもった背唇(はいしん)があって,ここで他物に吸着しながら後端の吸盤とともにヒルに似た運動をする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android