コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトビンセンツ大寺院 ザンクトビンセンツだいじいん

1件 の用語解説(ザンクトビンセンツ大寺院の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ザンクトビンセンツだいじいん【ザンクトビンセンツ大寺院】

スイスの首都ベルン(Bern)市街を流れるアーレ川の崖の上に立つ大寺院。13世紀の教会を基盤にして、1421年に大聖堂として建設が始まり、高さ100mを超える大尖塔が完成した1893年に建設が終了した。西側の正面入り口にあるエルハルト・キュング(Erhart Kung)の彫刻「最後の審判」は、15世紀末の作品である。聖堂内部には美しいステンドグラスがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザンクトビンセンツ大寺院の関連キーワード猿ヶ石川スイストゥルンベルン経水ボックの砲台カメラータ・ベルンベルン交響楽団ツィーベレメリットバーニーズ・マウンテン・ドッグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone