コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクト・ヨハン・ネポムク聖堂 ザンクト・ヨハン・ネポムクせいどう Sankt Johann Nepomuk Kirche

1件 の用語解説(ザンクト・ヨハン・ネポムク聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザンクト・ヨハン・ネポムク聖堂
ザンクト・ヨハン・ネポムクせいどう
Sankt Johann Nepomuk Kirche

ドイツのミュンヘンにある,ドイツの末期バロックの聖堂。 1733年から 1746年にかけて,アザム兄弟が自邸の隣に自費で建設した。兄弟の仕事の頂点をなす作品で,兄コスマスの絵画,弟エギットの彫刻が建築と渾然一体となって融合,金や暗赤色といった色彩と相まって幻想的な空間を形づくり,ロココ時代の到来を告げるものとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザンクト・ヨハン・ネポムク聖堂の関連キーワード西ドイツ統一ドイツ南ドイツ新聞ドイツの小さな町ミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘンビール

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone