ザーヘダーン(英語表記)Zāhedān

世界大百科事典 第2版の解説

ザーヘダーン【Zāhedān】

イラン南東部,パキスタン国境近くに位置する都市。バルーチスターン・シースターン州の州都。人口42万(1994)。同市の住民は,シーア派のイラン人,スンナ派のバルーチ族,インド人などが混在する。第1次大戦前は一村落にすぎず,イランの主要都市のうちで最も新しい都市の一つである。レザー・シャー・パフラビーによる改名(1935)前はドズダーブDozdābといわれ,1918‐19年にパキスタンへの鉄道が施設され,42年には連合国がソ連への物資輸送用にマシュハドへ道路(約1000km)を建設し,交通上の要地として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザーヘダーン
ざーへだーん
Zhedn

イラン南東部、シースターン・バルーチスターン州の州都。人口41万9518(1996)。アフガニスタンおよびパキスタンとの国境の町で、イギリスがインド支配のために敷設した鉄道によってパキスタンと結ばれている。住民の多くはスンニー派のバルーチ人で、イラン語系のバルーチ語を話す。[香川優子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android