コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアノエチル化 シアノエチルかcyanoethylation

1件 の用語解説(シアノエチル化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シアノエチルか【シアノエチル化 cyanoethylation】

シアノエチル基CNCH2CH2-を導入する反応。活性水素をもつ有機化合物(アミン,アルコール,チオール,ケトン,アルデヒド,エナミンなど)は塩基(苛性カリKOH,アミン)やルイス酸(AlCl3)などの存在下でアクリロニトリルと反応して,活性水素がシアノエチル基に置換される(式(1))。 CH2=CHCN+RH→RCH2CH2CN ……(1) この反応はアクリロニトリルに対する求核試薬Rマイケル付加とみなすことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone