コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアノエチル化 シアノエチルかcyanoethylation

世界大百科事典 第2版の解説

シアノエチルか【シアノエチル化 cyanoethylation】

シアノエチル基CNCH2CH2-を導入する反応。活性水素をもつ有機化合物(アミン,アルコール,チオール,ケトン,アルデヒド,エナミンなど)は塩基(苛性カリKOH,アミン)やルイス酸(AlCl3)などの存在下でアクリロニトリルと反応して,活性水素がシアノエチル基に置換される(式(1))。 CH2=CHCN+RH→RCH2CH2CN ……(1) この反応はアクリロニトリルに対する求核試薬Rマイケル付加とみなすことができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シアノエチル化の関連キーワードアクリロニトリルアミン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android