酢酸銅(読み)サクサンドウ

デジタル大辞泉 「酢酸銅」の意味・読み・例文・類語

さくさん‐どう【酢酸銅】

酸化銅または塩基性炭酸銅酢酸に溶かして得られる暗緑青色の結晶殺菌剤・殺虫剤・医薬品などに使用。一水塩の化学式Cu(CH3COO)2 ・ H2O

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「酢酸銅」の意味・読み・例文・類語

さくさん‐どう【酢酸銅】

  1. 〘 名詞 〙 化学式 Cu(CH3COO)2 で表わされる化合物。一水塩は暗青緑色結晶。風解性がある。ほかに CuCH3COO あるいは Cu(CH3COO)2・CuO・6H2O などをさすこともあるが、後者は正確には塩基性酢酸銅と呼ばれ、場合によっては緑青(ろくしょう)とも呼ばれている。
    1. [初出の実例]「銅緑を餾醋に浸し濾過して緑液を取り煮て結晶せしむ。其晶を醋酸銅と名く」(出典:舎密開宗(1837‐47)内)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「酢酸銅」の解説

酢酸銅(Ⅱ)
サクサンドウ
copper(Ⅱ) acetate

Cu(CH3COO)2(181.63).酸化銅(Ⅱ),水酸化銅(Ⅱ),炭酸水酸化銅(Ⅱ)などを酢酸に溶かし,濃縮すると暗緑青色の一水和物の結晶が得られる.密度1.88 g cm-3.融点115 ℃,沸点240 ℃.水に易溶,エタノール,エーテルに可溶.顔料,媒染剤,殺菌剤,有機反応の触媒などに用いられる.[CAS 142-71-2:Cu(CH3COO)2][CAS 6046-93-1:Cu(CH3COO)2・H2O]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android