コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアンを含む植物 しあんをふくむしょくぶつ

1件 の用語解説(シアンを含む植物の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しあんをふくむしょくぶつ【シアンを含む植物】

 ウメの種(たね)の中の核、ナシ・リンゴアンズの種には、シアン(青酸(せいさん)化合物)の一種の遊離(ゆうり)シアンが含まれていて、食べると中毒がおこります。
 100gの種の中に100~200mgの遊離シアンが含まれていて、アンズの種20~40粒を食べると致死量に達するという計算になります。
 ただし、中毒がおこるのは、殻をむいて中身を食べたときで、殻を破らずに食べれば中毒はおこりません。
 アカシアソラマメなどのマメ科の植物、デンプンを採るタピオカの根もシアンの仲間の青酸配糖体(せいさんはいとうたい)が含まれていますが、これ自体は無毒です。ところが、β(ベータ)‐グルコシダーゼ加水分解されてヒドロキシニトリルが生じると、これから青酸が発生します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

シアンを含む植物の関連キーワード柿の種唐梨苦は楽の種癪の種生業は草の種話の種飯の種楽は苦の種苦は楽の種林檎飴リンゴ酒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone