コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シイタケ皮膚炎 しいたけひふえん Shiitake Dermatitis

1件 の用語解説(シイタケ皮膚炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しいたけひふえん【シイタケ皮膚炎 Shiitake Dermatitis】

[どんな病気か]
 加熱が十分でないシイタケを食べると、数日で、上半身を中心に激しいかゆみがおこり、かいたところに赤いぶつぶつや小さい水ぶくれができます。生シイタケ中にある、加熱によって破壊される成分による中毒疹(ちゅうどくしん)と考えられます。
 シイタケはよく加熱して食べることで予防となります。よく加熱していないシイタケを食べて、数日以内におこる典型的症状によって診断されます。誘発試験(ゆうはつしけん)(もう一度シイタケを食べる)で確認できることはまれです。
[治療]
 軽い症状の場合は、抗ヒスタミン薬を内服します。重症例では、最初の数日、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬を内服するのが有効です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

シイタケ皮膚炎の関連キーワード余り有る沢山何心地半生不死身不備食足りない足らう生漬ブレーキが利かない

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone