コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シイタケ皮膚炎 しいたけひふえんShiitake Dermatitis

1件 の用語解説(シイタケ皮膚炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しいたけひふえん【シイタケ皮膚炎 Shiitake Dermatitis】

[どんな病気か]
 加熱が十分でないシイタケを食べると、数日で、上半身を中心に激しいかゆみがおこり、かいたところに赤いぶつぶつや小さい水ぶくれができます。生シイタケ中にある、加熱によって破壊される成分による中毒疹(ちゅうどくしん)と考えられます。
 シイタケはよく加熱して食べることで予防となります。よく加熱していないシイタケを食べて、数日以内におこる典型的症状によって診断されます。誘発試験(ゆうはつしけん)(もう一度シイタケを食べる)で確認できることはまれです。
[治療]
 軽い症状の場合は、抗ヒスタミン薬を内服します。重症例では、最初の数日、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬を内服するのが有効です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone