コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中毒疹 ちゅうどくしんtoxic eruption; toxicoderma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中毒疹
ちゅうどくしん
toxic eruption; toxicoderma

体外から毒性物質が体内に入るとか,あるいは体内でつくり出された毒性物質で生体が障害を受け,その結果,皮疹が全身に生じた状態をいう。薬疹,ウイルス感染による皮膚病変のように,原因が明らかなものは中毒疹に含めない。中毒疹では丘疹,紅斑紫斑,膨疹,小水疱など各種の皮疹が現れるが,個々の症例では単一の症候を示し,同時に種々のものが混在することはない。粘膜も侵されることがあり,表在性リンパ節腫脹を認めることもある。ときに発熱,嘔吐,下痢,関節痛,けいれんなどの全身症状を伴う。一般に急性に起り,適切な治療により容易に軽快する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅうどく‐しん【中毒×疹】

体内で生成されたり、食物薬剤として体内に入ったりした毒性物質によって、皮膚や粘膜に生じる発疹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中毒疹【ちゅうどくしん】

各種中毒によって生ずる発疹。薬疹種痘疹,食餌(しょくじ)性中毒疹,自家中毒疹,月経疹などがある。紅斑,紫斑,蕁麻疹(じんましん),水疱(すいほう)など種々で,原因と皮疹との関係も一定しない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうどくしん【中毒疹 toxicodermia】

体内に吸収された外来物質や体内で産生された物質の作用によって,体の機能が障害され,その結果生じる発疹をいう。原因となる物質が薬剤の場合は薬疹として区別されている。中毒疹の原因には感染症,食物,有毒動物刺咬症,代謝異常など種々のものがあるが,発疹の発現機序や性状は薬疹と同様で,治療も薬疹に準じればよい。薬疹【山本 一哉】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうどくしん【中毒疹】

体外性の物質あるいは体内で産生された中毒物質が原因となって現れる発疹。薬剤や食物によるものが多く、また代謝異常や妊娠・感染症・腫瘍などによっても現れる。 → 薬疹

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中毒疹
ちゅうどくしん
toxicoderma

食物や薬剤の摂取、ウイルス感染症、細菌感染症、妊娠、内分泌異常などの際に生ずる体外性物質あるいは体内で産生された中毒性物質が、血液を介して皮膚ないし粘膜に達して障害をもたらし、その結果現れる種々の皮疹(ひしん)ないし粘膜疹をいう。なかでも薬剤を原因とするもので、内服、注射、吸入などの経路によって体内に入った場合を、とくに薬疹drug eruptionsとよんでいる。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中毒疹の関連キーワードシイタケ皮膚炎ベタメサゾンじんま疹外陰炎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android