コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエナのドゥオーモ シエナのドゥオーモ

1件 の用語解説(シエナのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シエナのドゥオーモ【シエナのドゥオーモ】

イタリア中部のトスカーナ地方のシエナ(Siena)にある大聖堂(ドゥオーモ、司教座聖堂)。世界遺産に登録されている「シエナ歴史地区」の中心、カステルヴェッキオの丘の上に建つ。建物はロマネスク様式だが、ファザード(聖堂正面)部分だけはゴシック様式で、同国で最も美しいゴシック様式のファザードといわれている。1220年代に着工したとされるが、詳細は不明。見事な彫刻の装飾があり、回廊の大理石の装飾絵は、毎年一定期間だけ公開されている。また、シエナ派の芸術作品の宝庫で、ミケランジェロベルニーニをはじめとするルネサンスバロック期の芸術作品も多数所蔵している。この大聖堂に、司教館、サンジョヴァンニ洗礼堂、ピッコロミーニ図書館などの建物が寄り添っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シエナのドゥオーモの関連キーワードビアレッジョトスカーナカポリーベリサンタンティモ修道院サンビアージョ教会タスカン帽マリーナ・ディ・カンポマルチアーナ・マリーナモンテリッジョーニリオ・マリーナ