コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シカクマメ

2件 の用語解説(シカクマメの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

シカクマメ

 [Psophocarpus tetragonolobus].アスパラガスエンドウともいう.マメ目マメ科の一年草,およびその種子であるマメ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シカクマメ
しかくまめ / 四角豆
[学]Psophocarpus tetragonolobus (L.) DC.

マメ科の多年草東南アジアメラネシアとくにニューギニアに多く栽培されている。茎は2~3メートルに伸び、葉は3出複葉で小葉は広卵形。花は淡緑から淡青色で美しく、まばら総状花序につく。果実は豆果で、莢(さや)は長さ15~30センチメートル、縦に4稜(りょう)の翼があり、断面が四角形なのでこの名がある。種子は1莢に8~17粒、径約1センチメートルの丸形で、茶、白、黄または黒色および茶などのまだら紋様のものがある。根が肥大していも状となり、非常に多くの大きい根粒をつける。また、植物体は乾物重で25%ものタンパク質を含むのも特徴である。おもに若莢を煮て食べるが、若葉も食用として栄養価が高いといわれる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシカクマメの言及

【豆】より

…南アメリカ原産のインゲンマメはアフリカやインドでも主食的に利用される重要な豆類であるし,ボリビア原産のラッカセイは,その高い脂肪含有量のため広く食用にされ,どちらも世界の各地で栽培されている。その他にも〈もやし〉に多用されるインド原産のリョクトウ,若い豆果が野菜とされるアフリカ原産のササゲ類(ササゲ,ヤッコササゲ,ジュウロクササゲなど)や,熱帯アジア原産のナタマメやシカクマメPsophocarpus tetragonolobus(英名fourangled bean),それに加えて中央アメリカや南アメリカ原産のライマメPhaseolus lunatus(英名lima bean),ベニバナインゲン,インド原産のヒヨコマメフジマメ,アフリカ原産のキマメなど,多数の種が栽植され,利用されている。これら熱帯系の豆類のうちのいくつかは,温帯圏での夏作作物となっており,日本でも栽培されている。…

※「シカクマメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シカクマメの関連キーワード不動テトラ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone