シガレット

精選版 日本国語大辞典「シガレット」の解説

シガレット

〘名〙 (cigarette) 巻きタバコ。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一「煙草の『ゴム』袋を取出して。みづから『シガレット』(巻煙艸)を製しながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシガレットの言及

【タバコ(煙草)】より

…これらの品種は気候,風土に馴化(じゆんか)して細刻み原料として成立し,1898年の葉タバコ専売移行時には全国で70種以上を数え,総括して在来種と呼ばれている。その後,嗜好の変化により紙巻タバコ(シガレット)原料用として黄色種がアメリカから輸入され,1897年の試作ののち瀬戸内沿岸を中心に広まった。さらにバーレー種を1933年にアメリカより輸入し,1938年から栽培が始められた。…

※「シガレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android